2017年11月11日 (土)

高齢社会共創センター創設記念シンポジウム「長寿社会を共創する」

長寿を謳歌できる地域社会コミュニティを実現するには、セクターを超えた共創と、それを支える人・情報・組織をつないだネットワークが重要です。高齢社会共創センターは、高齢社会をリードする課題解決拠点を目指して創設されました。

開催日時: 11月16日(木) 13:00~17:30 (開場12:00予定)

開催場所: 伊藤謝恩ホール(東京大学 本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター)

第1部  : 高齢社会を舞台とした共創  13:10~ 

第2部  : 高齢社会共創プラットフォーム構想  15:00~

特別講演: 「エイジノミクス」で日本は蘇る  吉川 洋 (東京大学名誉教授)

参加費用: 無料

主催   : 東京大学高齢社会総合研究機構&高齢社会共創センター

詳しくは下記URL をご覧ください

http://ccaa2017.peatix.com/

(00227)

2017年7月21日 (金)

「エイジノミクス」で日本は蘇る - 高齢社会の成長戦略 (吉川洋・八田達夫編著、NHK出版新書)

今回は、表題の新書を紹介させて頂きます。

日本にとって今、最大の課題は「高齢化」だ。では日本はピンチなのか?答えはノー。高齢化に対応するイノベーションが起き、それを多方面に応用すれば、需要もGDPもまだまだ伸びるからだ。

マクロ経済学とミクロ経済学の両大家が組んで「高齢化イノベーションの経済学=エイジノミクス」を提唱。創薬、ロボティクスから自動運転、混合介護、雇用改革まで、最先端の実例を豊富に収集・分析して、日本経済成長の途を説く!

https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000885222017.html

(00226)

2017年5月20日 (土)

高齢社会共創センター

高齢社会の課題を産官学民協働で解決していくための交流プラットフォーム「高齢社会共創センター」が設立されました。ホームページも公開されていますのでご紹介します。

http://www.cc-aa.or.jp

(00225)

2016年7月 2日 (土)

第4回 高齢社会検定試験のご案内

第4回『高齢社会検定試験』(10/29)のご案内

 ~受験申込の受付を開始しました!~

-----------------------------------------------------------------------

『高齢社会検定試験』とは・・・個人の人生設計課題、社会の高齢化課題を解決し、

より豊かな未来を築くために必要な知識を提供します!

-----------------------------------------------------------------------

この検定試験は、一般社団法人 高齢社会検定協会(会長:小宮山宏 代表理事:秋山弘子)が

東京大学高齢社会総合研究機構の先生方の協力を得ながら2013年度より実施しているものです。

やがて3人に1人が65歳以上の高齢者となる超高齢社会を迎えます。また私たちは人生90-100年に

およぶ長寿の時代を生きています。こうした超高齢・長寿社会の中で、より良い人生またより豊かな未来社会を

創造していくには、「高齢者及び高齢社会」に関する総合的な知識が必要です。合格者には協会が認定する

民間資格「高齢社会エキスパート」が付与されます。合格者も昨年度までで1000名を突破しました!

ぜひこの機会に「高齢者及び高齢社会」に対する正しい知識を学び、「高齢社会エキスパート」資格を取得してみませんか!

 

【第4回高齢社会検定試験の概要】

受験日           20161029日(土)

試験会場  ①東京会場:東京大学駒場キャンパス

 京都会場:同志社大学新町キャンパス

 札幌会場:北海道科学大学

今回(第4回)から会場が京都、札幌にも拡がりました

申込〆切  20169月30日(金)

高齢社会検定試験の概要及び受験申込方法はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://shiken-center.jp/koreishakai/

 

<参考>高齢社会検定協会HP

http://www.kentei-gerontology.or.jp/

(00224)

2016年1月12日 (火)

エイジノミクス

Ageing Economicsの合成語(造語)。エイジノミクス研究会(共同座長:吉川洋、八田達夫)が提唱する概念で、エイジング(高齢化)という人口構造の変化をイノベーションの機会と捉え、持続可能な経済のあり方を考察する経済学・経済政策のこと。

(00223)

2015年10月11日 (日)

シンポジウム 「65歳以上をどう生きるか! どう働くか!」 のご案内

<開催趣旨>
働きたい、働かざるを得ないシニア・プレシニアの65歳を過ぎてからの
就業環境と働き方、そのふところ事情をデータと具体的事例をもとに探ります。

開催日時:20151111日(水)13:3016:30 [受付開始 13:00
開催場所:東京都千代田区内幸町ホール(都営三田線内幸町駅徒歩5分)

<プログラム>
 基調講演: 現役世代にも考えてもらいたい65歳を過ぎてからの働き方
岡本憲之氏(JST高齢社会領域アドバイザー、高活協副理事長)

 パネルディスカッション テーマ:~シニアの働き方とふところ事情~

コーディネータ:柳沼 正秀氏(高活協理事・ファイナンシャルプランナー)
パネリスト:
澤木明氏(ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士)
霧島誠氏(アクティブシニア就業支援センター「わくわくサポート三鷹」所長)
高平ゆかり氏(㈱マイスター60 常務取締役シニアビジネス事業本部長)

定員:200名 定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加費:500円 当日、会場にてお支払いいただきます。
主催:(一社)高齢者活躍支援協議会(高活協)、
シニアセカンドキャリア推進協会(SSC)    
後援:高齢社会NGO連携協議会、NPO法人高齢社会をよくする女性の会
お問合せ:(一社)高齢者活躍支援協議会事務局
メール:info@jcasca.org  TEL:03-6661-0018

(00222)

2015年4月19日 (日)

第3回高齢社会検定試験 - 申し込み受付開始 

一般社団法人高齢社会検定協会が主催する第3回高齢社会検定試験が下記の通り実施されます。

日時:2015年9月12日(土)

会場:東京大学駒場キャンパス

受験を希望される方は下記のサイトよりお申し込み下さい。

http://www.kentei-uketsuke.com/gerontology/

(00221)

2014年10月26日 (日)

エイジノミクス : 高齢化をチャンスと成長に変える経済 - 岡本憲之

 多くの人は高齢化に対して、「暗い」あるいは「衰退」といったイメージを持っているようだが、それは先入観である。実際イノベーションは変化の過程で起きる。エイジングすなわち人口構造の変化、これはイノベーションの機会である。日本をはじめ世界的に高齢化が進む中、経済の持続可能な発展に向けた道筋を改めて探るべきではないか。まさにそれこそがエイジノミクスである。

 

先端医療技術の進歩など技術的ブレークスルーはイノベーションを生み出す。しかし技術だけではない。例えば高齢化は、分厚く多様でアクティブな高齢層が新たに生まれる変化である。新たなライフスタイルやワークスタイル、あるいはエンディングスタイルが登場する。また高齢社会対応のインフラや地域支援制度等新たな社会システムへの移行、共助文化の醸成、あるいは多世代共創による新たな相乗効果の創造など、すべてがイノベーションを生み出す機会となる。まさにエイジングはイノベーションの宝庫である。

 

いよいよ本格的な超高齢社会を迎える日本。これからの日本は、かつての1回きりの人生「単作時代」から、平均寿命90歳を超える人生「二毛作時代」へと向かう。そしてイノベーションの機会も2倍に増える。来るべき未来で待っているのは暗く衰退する社会ではない。イノベーションに満ち溢れた、明るく活力ある社会である。そんな超高齢社会を実現することを、高齢化で先頭を走る日本が世界に向けて宣言しよう。

(注)「エイジノミクス」ということばは、2014年7月7日に、「第3回高齢化世界会議(WAA22)」招致推進の会(準備会、三菱総研会議室)の席上で発案された。岡本憲之の趣旨説明の途中で、林玲子氏が発言したものである。

(00220)

2014年8月23日 (土)

提言  地方再生への「三本の矢」-地方財源改革、創業環境改革、ライフスタイル改革

 

 

 

提言

  

地方再生への「三本の矢」

 

~地方財源改革、創業環境改革、ライフスタイル改革~

 

 

 

 

NPO日本シンクタンク・アカデミー

理事 玉田 樹

(㈱ふるさと回帰総合政策研究所 代表取締役)


 

要旨

1.問題の本質と地方再生の視点

地方の再生が、およそ20年ぶりに国を挙げての課題となった。ことの本質は、毎年地方人口の0.20.3%が大都市に流れていく状態が続いており、このほとんどは、大学進学によるものであることである。地方の17歳人口の27%が自県以外の大学に進学し、卒業後もそのまま大都市に残留するのは20%に達することが続いている。

この地方の若者が、わが国牽引の役割を担っていることはいうまでもない。しかし問題は、地方の経済を牽引し子を生み育てる再生産パワーが、常に5分の4に割り引かれ続けている現実がある。20年たてば地方は確実に0.8掛けの状態になる。

とくに直近の20年は、これへの対応がほとんどなされてこなかったと言っていい。いま、人口の流出を止めるダム機能として地方の拠点都市整備の構想が上がり始めているが、これが有効に機能するか定かでない。1975年に地方に6つあった人口50万人以上の都市は、いまでは14にも増えている。にもかかわらず、若者人口の漏えいはダムをすり抜けて今日まで続いている。

ここは一丁、防衛ではなく反転攻勢をかける時である。地方が抱える問題の本質である2割の若者の逸失を、真正面から受け止め、それをカバーする政策が必要である。そのため、地方の出生率をより向上させ、子どもを生む再生産年齢人口をまともに増やし、結果として2割の減少をカバーする出生数をもたらす政策が必要となる。

 

2.地方再生への3つの提案

 地方の出生数の増加を図るために、「地方財源改革」、「創業環境改革」、「ライフスタイル改革」の3つを提言する。

 

提言1.地方財源改革 ; 復元力のバネとして地方交付税の再設計

~出生数向上の競争社会づくり

 地方は、地方税が2割もディスカウントされ続けることを自らカバーする術をもっていない。地方交付税の基準財政需要額は、人口の減った「現在を評価」し地方の縮小を是認している。これでは地方は成り立たない。

 そこで、地方交付税 に“財源復元機能”をもたせる改革を行い、出生数を向上させることを提案する。具体的には2つある。

ひとつは、地方交付税に「出生率を評価」する機能をもたせることである。地方の合計特殊出生率(以下、出生率)の平均は1.47で、地方の現在51万人の出生数を2割上げるとすると、平均出生率を1.76まで上げる必要がある。

これを可能にするひとつの方策は、地方交付税に「出生率の評価」基準を持ち込み地方にチャレンジする機会を与えることである。これを行えば、より多くの地方交付税の交付を受けるために、政府による出生率向上策を乗り越えて、地方が独自にそれぞれ出生率の向上のために子育て助成や学費無償化などの工夫をし、出生率をめぐる競争環境が生まれることが期待される。

 いまひとつは、地方交付税に「逸失した子ども数の評価」を評価基準として持ち込むことである。誤解を恐れずに言えば、子どもたちが大学進学で大都市に出て行くことはやむを得ない。必要なことは、これによって減額された地方税と地方交付税をこの評価によって補てんし、この財源を使って地方が裁量をもって逸失した子ども数を回復する試みができるようにすることである。

 とくに、地方の再生産年齢人口の人口に占める比率は、1990年には12.9%、2000年には12.6%あったものが、2012年では11.0%と特にこの10年あまりで激減してしまった。長男・長女社会のもとで女子の4年制大学の進学率が1990年頃から急速に高まったため、地方の再生産力はボロボロになってしまったのだろう。もはや、地方は出生率の向上のみでは、成り立たたない。

 したがって、地方の再生産年齢人口を増やすことが、いまや急務である。「逸失した子ども数の評価」がなされれば、より多くの子どもを逸失した地方はより多くの財源を得て、それを域内女性の流出防止、さらには域外からの“呼び込み”の施策に活用して復元を図ることだろう。

 

提言2.創業環境改革 ; 再生産人口を呼び込むための起業誘致条例の設計

~地方での女性の起業家づくり

 政府は開業率10%を目標として、さまざまな起業支援策を実施している。しかし、地方にとって十分とはいいがたい側面が多い。

そこで、地方の再生産年齢人口の流出防止、さらには“呼び込み”に向けて、創業環境の改革を行うことを提案する。具体的には、地方それぞれが独自の裁量で行える恒常的な「起業誘致条例」を制度化すべきである。

リーマンショック1年後の2009年に、提案者が主宰する研究所が全国10万人にアンケートを行ったところ、男女年齢を問わず30%もの人が「田舎に行って働きたい」と答えた。“都会での雇用よりも田舎での生業づくり”の自立志向が増えている。この動きを具体的に支援して分かったことは、とくに6次産業分野では地方において起業者の4割近くが女性であり、起業に対する熱意と迫力は男性陣を圧倒するものがあるということである。

このような地方における6次産業を中心とした起業に対する盛り上がりを捉え、地方はそれぞれ「起業誘致条例」の制定を進め、恒常的支援策を用意すべきである。そのため、政府は企業誘致条例に対する企業立地促進法と同様な支援を行うべきである。また、地方の特産品の販売支援において、起業者の商品も対象に加えてテストマーケティングを行い商品開発の支援をすべきである。さらに付け加えるなら、起業者には数年間課税補足外の扱いをして、アンダーグランド経済が地域経済の活性化を生む下地をつくる覚悟で臨んでほしい。

また、規制強化や規制緩和を行って、起業の参入障壁を下げることも必要だ。農業組織の維持は地方で農産品流通業の起業を生まれにくくしている。同様に宅建業の仲介料率の一律規定は地方の空き家の市場化に不動産業が参加しにくくしている面がある。このような独禁法適用除外が地方での起業にとって大きな参入障壁となっており、その解除を急ぐべきである。一方、マイクロな起業にとってさまざまな設備に関する標準的な規制は事業推進にとって重荷になる。これの見直しも進めてほしい。

 これによって多くの起業家が生まれ、その4割は女性が占め、女性の雇用も生まれる。女性の活用は、何も管理職に限らない。社長でもいいのである。

 

提案3.ライフスタイル改革 ; 「兼業」と「二地域居住」のライフスタイル改革

~地方移住の新たな仕組みづくり

 しかし、落下傘のようにいきなり地域に移住し、すぐに起業することは至難の業のようである。起業するには地元の協力を必要とするからで、このためには移住して数年はかかるとみられる。この起業の“発起”と実際の“起業”との間のアイドルタイムを埋めるものとして、大都市に住みながら、時間がある時に田舎住まいをする「二地域居住」というライフスタイル改革を行うことを提案する。

 今般、経済産業省は、会社員が職に就いたまま起業を準備できるよう「兼業・副業」のガイドラインを年内にも作る。この仕組みと連動して二地域居住を推進し、田舎での起業の準備を後押しするのである。

10万人アンケートでは、今後、移住・定住したい人が6%、二地域居住したい人が13%存在することがわかっている。こうした人々の潜在意欲に火をつけ兼業という機会を捉えて二地域居住を推進し、結果として田舎での起業家を陸続と生むことを通して、地方が失い続けてきた2割にも上る再生力を復活させるのである。

 そのため、これまでのような“悠々自適”な田舎暮らしでなく、“田舎で働く”風景をもった二地域居住のライフスタイルの風土づくりを政府が率先して進めるべきである。企業や大学への働きかけも必要だ。さらに実践者や地域にインセンティブを与えるため、「第2住民票」の導入を検討すべきだ。実践者の交通費割引や家賃補助の証明に使うとともに、将来、これによって住民税が案分されることを期待する。

 二地域居住を受入れるための、空き家の市場化は急務である。地方の健全な1戸建て空き家は120万戸あるが、市場に出てくるのは数%にすぎない。不動産業界などと協力しながら、空き家管理の仕組み、安心して賃貸に出せる空き家を増やすための中間管理機構などの整備を早急に実施すべきである。

 

3.地方再生「三本の矢」の実現に向けて

二地域居住者がいずれ定住者になることが期待される。だが、問題は、子どもが成長して上の学校に行き始める頃になると、親は学資を稼ぐために都会に戻ってしまうケースが多い現実がある。

そのため、提案1「復元力のバネとして地方交付税の再設計」によって、地方が独自に学費の無償化など子育ての政策が打てる体制をもつことが必要である。また、農業だけでは稼げないため、提案2「再生産人口を呼び込むための起業誘致条例の設計」によって、より付加価値の高い6次産業の起業に定住者を誘導することが必要となる。

だから、3つの提案は三位一体であって、「地方再生・三本の矢」となってはじめて地方再生に力強いパワーが生まれる。

 

 安倍首相がメキシコのテオティワカン遺跡で願ったように、地方再生は、本提案にかぎらず、総力戦で臨まなければならない。平時ではなく非常時の鉄則、「出来ない理由探しをするな、どうすれば出来るかを考えよ」「逐次投入はやめよ」という姿勢で臨んでほしいと思う次第である。

 - 提言の全文は下記URLよりご覧下さい。

http://www.npo-jtta.jp/information/information1409.pdf

(00219)

2014年4月11日 (金)

第2回高齢社会検定試験 - 受験申し込み受付開始

高齢社会検定協会主催の第2回高齢社会検定試験が実施されます。

日時:2014年9月13日(土)

会場:東京大学駒場キャンパス

実施概要&申し込み(下記サイト)

http://www.kentei-uketsuke.com/gerontology/

一般社団法人高齢社会検定協会について(下記サイト)

http://www.kentei-gerontology.or.jp/

(00218)

«高齢者の就労活動 - 「高活」のすすめ(2)